千葉の果物

千葉の果物

千葉県は温暖に気候を生かしてさまざまな果物の生産が盛んです。中でも日本なしや、スイカ、ビワなどは全国でも有数の産地なのです。また、意外に思われるかもしれませんが、キウイフルーツや温州みかん、レモンやぶどう、パッションフルーツなども生産されています。

日本なし

千葉県の日本なし栽培は、現在の市川市八幡地区で1769年(明和6年)に始まったといわれています。三方を海に囲まれた温暖な気候のため、関東では最も早い時期に収穫することができます。特に主力品種の「幸水」は、真夏を迎える8月上旬には県内各産地で出揃い、暑くてなしが食べたくなる時期に消費者の元に届けることができます。
千葉県のなしは、栽培面積(1,680h)、収穫量(34,400t)、産出額(133億円)ともに全国第1位(2012年)です。
> 日本なしと健康
> 日本なしのレシピ

日本なし

びわ

千葉県のびわ栽培の歴史は古く、1751年(宝暦元年)からといわれています。1909年(明治42年)以来今日に至るまで、皇室に献上しています。生産地は、房総半島南端に近い西海岸の南房総市、館山市及び鋸南町で、中でも南房総市では、県全体の86%を生産しています。
長崎県に次ぐびわの産地として、出荷額は全国の28%を占める10億円(2012年)です。

びわ