協会の概要

協会の概要

令和3年の新春を迎えて

公益社団法人 千葉県園芸協会 理事長 間渕 誠一
公益社団法人 千葉県園芸協会
理事長

江波戸 一治

明けましておめでとうございます。
皆さまには、輝かしい新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
また、会員の皆さま方には、日頃、当協会の業務運営に多大なる御尽力を賜り、厚く御礼申し上げます。
一昨年、甚大な被害をもたらした房総半島台風、東日本台風等の爪痕も残る中、昨年に発生した 新型コロナウイルス感染症では、現在でも収束の兆しが見えず、農業経営においても大きく影響が及び、生産者や関係機関の皆さまには、日々模索しながら厳しい現状と向き合われていることと思います。
今後も、産地が抱える様々な問題に、行政や農業関係機関と連携し支援に取り組んでまいります。
さて、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響から、「新たな生活様式」の確立により、教育の世界ではオンライン授業化が進み、企業等ではテレワークが浸透、取り入れる企業が増加しています。このように消費者の生活スタイルが大きく変革する中、食の環境も、外食から家庭で食事をする機会が増加し、農産物の消費はスーパーや直売所等から購入する生鮮野菜等の販売に大きく転換しています。
このような傾向により、消費者の農業や食に対する関心も高まっており、この機会に、改めて「高品質な千葉ブランド農産物」を売り込む大きなチャンスと捉えています。
当協会でも基幹事業とし取り組んでいる園芸産地強化事業において、トマト、ねぎ、にんじん、さつまいもなどの本県主要園芸7品目で立ち上げている品目別協議会を中心に、行政や関係機関と連携し、JA域を超えた産地間連携での「オール千葉」体制による生産拡大に向け、情報を共有し、産地の声が生きる事業とするため、より一層の各組織間連携を軸に、生産・販売力の強化支援に、引き続き積極的に取組んでまいります。
また、本年度は、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた高収益作物への次期作支援を行う国の緊急的な支援事業における実施主体となり、生産者への交付金等の申請業務に取り組むなど、業務の幅を拡大し実施しております。
もう1つの柱である農地中間管理事業においては、地域等の徹底した話し合いによる人・農地プランのもと、担い手への農地集積・集約化に向け、今後も関係機関と密に連携し、精力的に事業を実施してまいります。
今後とも、千葉県農業発展のため、組織一丸となり取り組んでまいりますので、より一層の御支援、御協力をお願い申し上げます。
終わりに、皆さま方の御健勝、御活躍をお祈り申し上げ、年頭の御挨拶とさせていただきます。

2021年1月